「非情城市」「珈琲時光」のホウ・シャオシエン監督最新作。
あなたに会いたい――ふたりの恋人が胸焦がす、百年の恋。
1911年、1966年、そして2005年。3つの時代に生きる男と女の恋物語を極上の映像で綴った、至福の映画。それぞれの時代の恋人を演じるのは、いずれも同一の俳優たち――リュック・ベッソン製作「トランスポーター」などアジアに留まらない活躍を見せるスー・チー、そしてウォン・カーウァイ作品でも御馴染みのチャン・チェン(「ブエノスアイレス」「2046」「愛の神、エロス」)。
これは、ホウ・シャオシエンがこれまで築き上げてきたキャリアの集大成とでも言うべき作品。特に1966年を舞台としたストーリーは、「恋恋風塵」など80年代のホウ・シャオシエン映画を彷彿させるノスタルジックな雰囲気に満ち満ちており、観る者を一瞬にして、過ぎ去ってしまった懐かしい過去へと招き入れてくれる。と思えば2005年編では、紛うことなき現在の大都市台北の息吹が生き生きと感じ取れる。ひとつところに収まり切らないホウ・シャオシェンの多様な魅力が凝縮された傑作である。
2006年秋、シネスイッチ銀座他、全国ロードショー公開作品。(引用:amazon.co.jp)

当サイトは、話題の映画を紹介しているサイトです。

外為FXならFX比較サイトがオススメです。

映画ニュース